ページTOPへ
航空写真(2021年12月撮影)

駅前住街区の最後を飾る
プロジェクト。

信号を渡らない駅から1分のアプローチ。

JR「東中野」駅より徒歩1分のスムーズな
アクセスが可能な「パークタワー東中野グランドエア」。
ペデストリアンデッキが用意され、公道に降りることなく
アクセスできる快適なルートも確保しています。
駅前に誕生する利便性を享受することができる
タワーレジデンスです。

航空写真(2021年12月撮影)

東中野駅前に、敷地面積約9,000㎡超
住街区を創造する
三井不動産レジデンシャル。

本プロジェクトが誕生するユニゾン街区は、
三井不動産グループが計画的に邸宅街区として
開発したプロジェクト。
2007年4月に、神田川沿いに
「パークタワー東中野」(169戸・分譲済)が竣工、
2007年12月に地上31階建ての商業・賃貸住宅の
複合施設「ユニゾンタワー」がオープン。
そして、最後を飾るタワーとして東京建物とともに計画がなされ誕生します。
駅前でありながら自然の潤いと心地よさで満たされ、
様々な世代が安心して暮らせるまちづくりを実現しています。

幾多の幸せな記憶を紡いできた
「日本閣」跡地。

日本閣/1958年 west53rd日本閣/2005年
日本閣の歴史 日本閣の歴史
Residence area
神田川万亀橋(約240m/徒歩3分) 現地周辺街並(約80m/徒歩1分)

邸宅地としての系譜を紡ぐ
東中野5丁目。

山手通り沿いに点在する、邸宅地の系譜。

松濤をはじめ、青葉台、上原、西原、さらには目白。
都心との程よい距離が保たれた山手通り沿いには、
時を越えて継承される邸宅地が点在します。
山手通りの内側に広がる東中野五丁目も、
静けさを纏い成熟を深める邸宅地です。

神田川四季の道。

神田川沿いに続く「神田川四季の道」。
春は桜が咲き誇り、その他にもツツジやアジサイなど、季節ごとの花が沿道を彩ります。
都心近接の場所でありながら、川のせせらぎや四季折々の美しい風景を愉しむことができます。

エリア概念図
神田川万亀橋(約240m/徒歩3分)

神田川四季の道。

神田川沿いに続く「神田川四季の道」。
春は桜が咲き誇り、その他にもツツジやアジサイなど、
季節ごとの花が沿道を彩ります。
都心近接の場所でありながら、川のせせらぎや四季折々の
美しい風景を愉しむことができます。

※1 かつて東中野駅前にあった日本閣跡地を三井不動産グループが計画的に邸宅街区として再開発。
※2 掲載の面積は「パークタワー東中野グランドエア」、「ユニゾンスクエア」、「パークタワー東中野」の敷地面積を合計したものです。
※掲載の航空写真は2021年12月に撮影したものに、一部CG加工を施しております。
※掲載の環境写真は2022年3月撮影。
22.7.26
【夏季休業について】2022年8月9日(火)~18日(木)まで夏季休業とさせていただきます。期間内のお問い合わせについては19日(金)以降、順次対応いたします。
22.7.26
【販売センターでのご案内について】ご案内に関する方針を掲載しております。ぜひご一読くださいませ。
22.6.9
【物件エントリー受付中】物件エントリーいただきますと最新情報をいち早くお届けします。ぜひこの機会に物件エントリーをよろしくお願いいたします。